So-net無料ブログ作成
小旅行 ブログトップ

久し振りにかみさんとお出かけ [小旅行]

久し振りにかみさんとお出かけしました。
何年振りかに水族館に行ってみました。
鹿児島のいおワールドです。
まず イルカのショーを見学。
2.JPG
子どもに返りました。

__.JPG
クリオネです。

1.JPG
鰯の群泳

序でに動物園にも行きましたが、残念ながら殆どの動物は昼寝中でした。
3.JPG

4.JPG
行儀良く正座で昼寝中のコアラ

春休みとあって凄い入場者でした。
鹿児島県は身障者の福祉が進んでいるので、入場料が減免でした。 それも付き添いも1人無料と言うことでかみさんも只。
久し振りの動物でした。


にほんブログ村

ポチ よろしくお願いします

御立岬公園から黒之瀬戸大橋 そして我が家 [小旅行]

さあ いよいよ 今回の小旅行も最終章。
孫の家を出て 今回の一番の目的でもある 鹿児島県の長島町の黒之瀬戸大橋近辺で捕れる
        萬さば  を食しに南下する。 
その前に かみさんの好きな 温泉地へ[exclamation&question]
道の駅 たのうら の先にある 御立岬公園の潮湯に入りに立ち寄る。  潮湯は本当に辛い。

そこから 1時間半走り 今話題の? 阿久根市へ[車(セダン)]

黒の瀬戸.jpg黒之瀬戸大橋

最終目的地である 魚魚(とと) と言う食堂?へ到着。 先客 2人。 早速 萬さばの造りを注文  が 店主の 返事は 「今日は 萬さばは売れ切れました。」なんと 熊本から南下すること3時間強 わざわざ 萬さば食べに来たのにと言うが どうしようもない。
漁師に連絡とって貰うも 明日ならとの話し。 此処に今晩泊まればと言うが そんなことは出来ない。
「くろはどうか?」 と店主。 いや 萬さばでないと でも 無い物はどうしようも無い。
石垣鯛が有るからそれで我慢。 造りと味噌汁にして貰う。 それと かみさんは ビール 運転手である私はお茶。  石垣鯛.jpg食べかけの石垣鯛の刺身

ビールと造り立ての 石垣鯛の造り本当に美味そうに かみさんは飲み食べている。 私は 雲丹丼を注文。
今回の雲丹は 馬糞雲丹じゃなくして 高級の紫ウニ。  これも美味しかった。
その他に 鯛の白子 海鼠 鯛の眞子 フカを酢みそで食した。 これらは 全然注文していない物。
普通の人だったら どんどん注文外が出てくるから 心配になるかも。 でも安心 私は特別だ。 注文外は無料。 当たり前の話しか。 2人の先客と 蕨の話しをしている 店主。  と 蕨を持ってきてくれた。 土産にである。 そうこうしているうちに 最後の差し入れが      な~んと 
       このわた
が 烏骨鶏の卵を混ぜて出てきた。 かみさんにである。 かみさんは烏骨鶏の卵だから 勿体ないから食べると言って食べたが このわた 自体が日本の三大珍味なのに。 それを 烏骨鶏の卵と食べられるなんて 最高だ。  残った造りを土産にと言うと フカも追加してくれたり デコポンも持たしてくれたりで良い店主だ。
今回は 萬さばは食べる事が出来なかったが、16日17日18日に牛深ハイヤ祭りが開催されるので、見に行く可能性が強いので その時に 萬さばはと思い 前もって連絡する為に電話番号を聞く。
萬さばは 私の食べた限りでは 大分の佐賀ノ関の関さばより美味いと思っている。鮨屋でも食べるが 全然新鮮度が違う。 今のところこの鯖に尽きる。  今回は残念だったが 4月一杯は捕れるらしいからまだ食べる機会はあると思う。 今が美味しい時期だし。 出水の鶴撮影の時は食べられたから良いか。 でも今のは大きいらしい。  次回を楽しみに 帰路へ。 


少し大きめで長目の石の風車

今回の小旅行の際 残念なことが発覚 このことは明日

山鹿灯籠民芸会館から八千代座  [小旅行]

いよいよ今回の小旅行も大詰めに[exclamation×2]
2日目に山鹿灯籠 八千代座 見学をした。 以前 ツアーで かみさんと来てたことがあったのだが、今回も見学。
DSC00734.jpg奉納灯籠の八千代座
此処では職人さんの話を直接聞けた。  頭に乗せる 普通の灯籠は踊り用で製作に3日掛かり3万円とのことだった。 現在 職人さんは6人しか居ないらしい。

DSC00746.jpgDSC00758.jpg
八千代座の外観と内部
此処でも説明が聞けた。

その後 再び 水辺プラザかもとに返り P泊の準備をして 孫たちを呼ぶ。
夕食のバイキングを食べ(昼食と同じメニューにアイスクリームなど少し追加)孫が来るのを待ち再会。
本来なら 3日目石の風車の所で遊ぶつもりだったが 帰ってしまった。
3日目の朝 かみさんは散歩に出かけ その間に私は移動の用意。DSC00502.jpgDSC00779.jpg蜻蛉.jpgDSC00495.jpgDSC00499.jpgかもとの人工川と石のトンボ 石の万華鏡 
朝食を済ませ 気になっていた 鞠池城址の鼓櫻見学に。DSC00784.jpg 地元の人に聞いたが、 発掘で色々出てきて 建造したらしい。
この日は その後 銀球生活にはいる。 50銭パチンコとやらをしに行く。 もうここまでくると ギャンブルではなく ゲーム感覚。
夜は 孫の家に宿泊。
さあ 明日は今回の最大の目的の場所へ。
最終章を お楽しみに[exclamation&question][グッド(上向き矢印)][車(セダン)]

石の風車 [小旅行]

さあ 2日目の朝が明けました。
昨日の車の数は どこ吹く風。 近くには殆ど車無し。 堤防の方も合わせて 10台位の車中泊。
その中に 札幌から九州入りしている夫婦がいた。  毎年 11月に札幌を出て 6ヶ月位いて帰るとのこと。
今年で4年目とのことだった。 いわゆる 避暑の逆の避寒ということらしい。  良いな~。

さて 本題の 一本松の石の風車。 山鹿市の一本松の公園にある 3個の数トンの石の風車。
石の風車3-2.jpg石の風車.jpgDSC00716.jpg
こんな大きな石が風の力で廻るのですよ。 でも 廻っていなかった。[バッド(下向き矢印)][もうやだ~(悲しい顔)] 
そこから見えた 不動岩。
DSC00720.jpgDSC00729.jpg
近くまで行きました。  細石です。
その後 またかみさんを 温泉地に送り 私だけ 気になった 石の風車へ[exclamation×2]

今度は廻っていました。

3mのむそよ風て廻るとのことで 今回は廻っていました。  良かったです。[グッド(上向き矢印)][るんるん][手(チョキ)]

いよいよ 旅も後半に では 明日

3泊4日の小旅行 [小旅行]

  さあ 今回の3泊4日での 話しを書こう。
日曜日に我が家を出発。  土日祝の1000円高速料金を利用の予定。  だが 悪いことに 5kmの渋滞予報。
何故だ[バッド(下向き矢印)] 折角の1000円なのに。  インターネットにて調べても 普通渋滞。 事故ではないのか[exclamation&question]  以前 高速道に入ってから渋滞に嵌った事が2回あるため 今回は失敗しないように 国道を途中まで選び いざ 出発[exclamation×2]
途中 かみさんに桜の咲き状態を説明しつつ 人吉のICまで進む。  だが未だ 渋滞解消されず 八代ICまで国道を走る事に決定。 途中 球泉洞の手前のトンネルを完成後初通過のかみさん。 その後 SL人吉号とも遭遇。 これも かみさんにとっては 初。[グッド(上向き矢印)]
やっと 八代ICに到着。  ここからは 渋滞無しなので高速に入る。 だが やはり車の数が多い。 渋滞の為だろう。  やはり高速は良い。 
植木ICで出て 一路 水辺プラザかもとへ向かうが  1000円の高速代は800円距離が短かった。 なんか 損した感じ。

途中 道の駅 七城メロンドームに寄る。

メロンドーム.jpg

ここも 人が多い。 さすが 日曜日。 でも こんな予定ではなかったんだが。 桜は満開を過ぎたから人出は少ないと思ったんだか 多い。  そうこうしているうちに、今回の目的地水辺プラザかもとに到着。  直ぐに バイキングの昼食をとるために食事処へ。 午後1時過ぎ はたまた ここでも 行列。待ち時間 約1時間と書いてある。  仕方ないので待つことに。 待つこと1時間半 餌にありつけた。  一安心。
入浴後 私は1人でP泊の準備。 かみさんは 長風呂のためまだ 入浴中。
夕食はむしにてだれやめ。 
続きは明日。本部.jpg
イルミ1.jpgイルミ.jpg
桜の木にイルミネーション
DSC00779.jpg
DSC00781.jpg
銀虫とパチリ










旅の総括 [小旅行]

孫の家には数時間しか居ず帰路へ着くことになった。  21日は敬老の日とのことで祝いをしたいとか。
敬老の日だったら ここに俺たちが居るのだからココでと話したら娘にして見れば敬老の日の祝いは私の母のことだった。  そうだったと気づいた。  
それで23日までどこかで P泊の予定が急遽帰宅。
ここで、今回の小旅行は終了。

23日親父の15回目の命日でお寺詣り。
でシルバーウィーク終了。  また、銀球生活へGo[exclamation&question]

今回の小旅行で分かったこと  何泊もする時は冷蔵庫が必要と。  海辺へ行っていながら 海鮮物が全然買えない。  車用の冷蔵庫は持っていたのたが、エンゲルの冷凍冷蔵庫を早速購入した。 少し大きめの40ℓやつ。 これで次回は海鮮物もOK[exclamation×2]
でも重い。

今回の走行で銀虫君も頑張った。  走行距離800キロ強  でも、軽だから力なし。  帰りの高速では追い越されること100数台 追い越すこと1台。 
寝心地はそれなりに良かった。

烏賊.jpg

 これは烏賊の赤ちゃんだがこんな物も買える
小旅行 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。